花物語について
> 花物語について

花物語について

花物語とは

認知症の方が家庭的な雰囲気で生活する施設となっております。
1ユニット9名の少人数制で、全室個室です。お食事は共有スペースでいただきます。
神奈川県を中心に全44の施設があります。(東京都世田谷区、東京都町田市を含む。)

花物語の名称

花物語の“花”とは、ここでお暮らしになる入居者の皆様です。
お一人おひとりが主人公となって、素敵な花を咲かせ、
すばらしい物語をおつくりいただきたいと思っております。
わたしたちスタッフは、皆様方の物語づくりのお手伝いをさせていただきます。

花物語での生活

もしお身体が不自由になられても、認知症になられても、
自分らしい生活をしたいというお気持ちは、誰もがお持ちになることと思います。
わたしたちは、お一人おひとりの状態又は状況をしっかりと把握させていただいたうえで、
その方にあったケアをさせていただいております。
ゆっくりとした空気の中でお暮らしいただくことで、
生活のリズムも変わり自分らしさ”をとりもどすことができます。

花物語のスタッフ

明るく元気なスタッフは、皆様にとって娘であったり、孫であったり、
時には憧れの人であったり・・・
新しい家族の一員として、笑顔の中で、ともにすばらしい物語を作りましょう。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは?

認知症と診断された方が対象となる施設で、5~9人を1ユニットとし、最大2ユニットまでの入居者が家庭的な雰囲気の中で介護サービスを受けながら、今ある能力を生かし、お互いに助け合いながら、家庭的な雰囲気の中で暮らす施設です。混乱せずに普通の生活を送れるようにケアを行い、不安を取り除けるような対人関係を構築し、穏やかな共同生活を送れるようにしております。